【NakedLabo “Ash Sack”】キャンプでの火消し壺はコレで決まり!!携帯性・機能性・利便性が最強なアイテムが現れた。【レビュー】

ashsack

こんにちは!アルバイトの収入が扶養を超えそうで全然稼げないのに貯金も全くなくてピンチのもめです!!やばい!!

突然ですがみなさんキャンプで火消し壺は使っていますか?キャンプの焚き火や炭火が終わった後に、火を完全に消化するためのアイテムです。

今回はそんな火消し壺の紹介なのですが、僕にとっての最強アイテムが現れたのです。

一般的に想像される火消し壺はこんな感じ。

しかし僕は徒歩でキャンプしているので折りたためもしない重くて大きい立体物は邪魔でしかありません。てか運べません。

だから今まではアルミホイルに無理やり包んだりしていたわけですが、今回ガレージメーカーのNakedLaboさんから最強アイテムが発売されました。

折りたためて超軽量な火消し壺、「Ash Sack」(アッシュサック)です!

 

【ブログの感想・もめへの質問募集中!!】

僕の記事をご覧いただきありがとうございます!ブログの感想や質問はTwitter(@momecamp0121)や下のコメント欄、マシュマロ(匿名)などで受け付けています!

感想や質問、ご意見などなど。もらうととても嬉しいのでバンバンください。僕の承認欲求を満たして欲しい。よろしくお願いします!!

 

スポンサーリンク

火消し壺の仕組み

まずはAsh Sackの役割を理解するためにも焚き火や炭火の火が消える仕組みについて簡単に解説していきます。

そんなんもう知っとるわ!って人はAsh Sackの4つの特徴まで読み飛ばしてください。

一度ついた熾火や炭火はなかなか”完全”に消えない

焚き火はやり終えたらしっかり火を消さなければなりません。火事になっちゃいますもんね。コレは誰でもわかります。

じゃあどうしたら火は消えるんでしょうか。僕はキャンプを始める前、火は水をかけたり、時間が経っちゃえば勝手に消えるもんだと思っていました。

同じように思っていた人もいるのでは無いのでしょうか。いなかったら僕がアホだったということでいいです…

結論から言うと水を掛けるだけでは火は”完全”には消えないし、かなりの時間が経ってもまだ炭は熱を持ったままです。

ぱっと見は炎が上がっていなくても、意外とかなり高温の熱を持っています。その状態の炭に火吹き棒などで空気を送ってあげるとまた炎は復活したりします。

水をかけて消火できたように見えていても、内側がまだメラメラと燃えていることもあるのです。

僕も以前危ない経験をしたことがあります。夜にいつも通り焚き火をした後、寝る時間が近づいてきたので簡単に水で消火して寝ました。

次の日の朝、撤収するときに焚き火台も片付けなくてはならないので上に載せっぱなしにしていた炭をビニール袋に入れて捨てようとしました。

流石に一晩経っているしもう消えてるだろうと思ったんですね。

しかし実際はまだ炭が持っていた熱でビニールに穴があき、炭は落ちていきました。もう完全に消えていると思っていたその時の僕は本当に驚きました。

それで軽く触ってみるとまだ全然熱いまま…危なかったですよね。

焚き火の火は簡単には消えないことを身をもって体感しました。

消すためには酸素の供給をシャットアウトする

それじゃあどうすればいいのか。酸素を送るのをやめなくてはいけないのです。

そもそも薪や炭が燃えるには「燃料」「酸素」「熱」の3つの要素が必要です。詳しくは下の記事にまとめていたりするのでよかったら見てください。

ものが燃える「燃焼」とは、光と熱を伴う酸化反応が起きているということであり、それを成立させるためには「燃料」「酸素」「熱」という3つの要素が必要になる。焚き火の燃料となる木材は、マッチや焚きつけによって徐々に過熱されていくと、熱分解が進んで可燃性のガスが放出される。そのガスが空気中の酸素と急激に結びつくと熱や光(炎)が生まれ、炎の熱によって燃焼の連鎖反応が引き起こされて、木材はどんどん燃え続けるのである。
 したがって、焚き火の途中でこの3つの要素の比率が悪くなったり、どれかが欠けてしまったりすると火は消えてしまう(省略)。

-伊澤直人  2017『焚き火の達人』地球丸 より引用

これ逆に言うと、この三つのどれかでも無くせば火は消せると言うことです。

そこで火消し壺の役割は薪や炭に酸素の供給をシャットアウトすることなのです。壺のようなものに炭などを入れて、蓋をしてしまえばいずれ壺の中は酸欠状態になり、火は燃え続けることができなくなります。

そのため、火消し壺を使えば安全に簡単に、そして“確実”に火を消火することが出来るのです。

従来の火消し壺はかさばるものが多かった

以上のような理由から火を消すには火消し壺のようなものが必要なんだなーとおわかりいただけたと思いますが、それをわかっていても僕は火消し壺の購入には踏み切れず、無理やりアルミホイルなどで包んで消火していました。

なぜか。火消し壺はめっちゃかさばるからです。

いろんな火消し壺〇〇選!!って記事を読んでもやはり火消し壺は密閉されなければならないと言う特性があるためか円柱状のものが多く僕のような徒歩キャン、ソロキャンや、バイクや自転車でキャンプをする荷物を出来るだけ減らしたい層にとってはあまり魅力的なものではありませんでした。

そんな人たちの火消し壺をもっと気軽に持ち運びたい!と言う願いを叶えたのが今回ご紹介する「Ash Sackです。

Ash Sackの4つの特徴

Ash Sackは個人のガレージメーカー「Naked Labo」から発売されている火消し壺です。

NakedLabo/オンラインストア
フィールドで心を解放(裸)して愉しむ事ができる、シンプルで味わいのある製品作りを目指します。

一見ただの布のように見えますが素材には耐熱性不燃性あるものが使われており、これを開いて円柱状にして使います。

ashsack
広げて口を外側に折ると綺麗に自立する

Ash Sackの特徴として僕からは 1.軽量・コンパクト 2.高い機能性 3.便利な二つの使い方 4.安い の4つのポイントをあげていきます。

1.軽量・コンパクト

1番の特徴はその携帯性の高さ。触った感じは少し硬めの布と言う感じでなんと折りたためてしまいます。スマホほどのサイズまで、驚くほど小さくなります。

そしてその薄さゆえに軽くて、リュックなどの隙間に差し込んで置けると言うパッキング面での強みにもなります。

公式サイトからの情報では重量は125g、大きさは300×250、容量は1.8Lです。もうほぼ重さは感じません。

2.高い機能性

そして2つ目の特徴としてその高い機能性があげられます。耐熱ガラスクロスに両面シリコーンコーティングを施してあり、難燃アラミド糸で縫製されています。

これによって耐熱性、耐候性、不燃性、撥水性をもち、完全に消火できていない灰や炭を入れて口を折り曲げることで酸素を完全に遮断し、完全消火へもっていくことができます。

3.便利な二つの使い方

そしてこのAsh Sackには2つの使い方があります。一つ目は焚き火などの後に火を消す時

焚き火が終わった後の灰や炭をAsh Sackのなかに入れて口を閉じれば火を完全に消火できます。

さらに便利なのは2つ目、それを持ち帰らなければならない時です。

焚き火をする場所によっては灰などを捨てる設備がなく、持ち帰りをルールで定めているところがあります。

持ち帰りは荷物を少なくしたいキャンパーにとっては辛いもの。しかしこちらのAsh Sackなら口を閉じているカラビナでリュックなどにくくりつけることが可能です。

ashsack
こんな感じに括り付けることが可能。中身は漏れないし、落ちる心配もありません。(カラビナはロックできるタイプの方がいいかも)

簡単安全に持ち帰ることができます。連泊で再利用したいときにも使えますね。

ashsack
電車でも問題なく持ち運べます。

4.安い

そして気になるお値段。税別3,800円です。

安くないですか?個人的にはこの性能でこの値段、しかもガレージブランドとして製造していらっしゃって大量生産はできないと思うので3,800円はかなり安いんじゃないかなーと思います。

あくまで個人の主観ですので悪しからず。

Ash Sackの購入方法

購入はNaked Laboオンラインストアからできます。支払い方法はクレジットor銀行振込or代引です。

オンラインストア
*配送料は国内一律(沖縄、離島含む)650円(税抜) *代金引換手数料一律 450円 *予約受注品とそれ以外の製品の同時ご注文の場合、予約受注品の入荷にあわせての発送となります。 予約受注品以外の製品の早い受け取りをご希望の場合は、別々でのご注文手続きをお願い致します。 *日本国内のみの対応となります。 *宅配業者の負...

送料が650円かかるので最終的には4,450円ということになりますね。

完全受注生産でサイトによると現在予約が殺到しているらしい。1ヶ月ほど待つのは覚悟した方がいいそうです。

Twitterを見ていると早く届いた!と言う声も見られるので早く届く可能性もありそうですね。(ちゃっかり自分の声を含む)

僕的にこのNaked Laboさんが好印象なのはキャンプギアの転売問題や欲しいものが手に入らない!といった悩みを解決するためにかなり考えていらっしゃるところです。

できるだけご購入を検討して頂いている方へのストレスを減らすことができればと考えております。


ある種の競争的要素を排除し、受付を済ませれば手に入るといった環境を
試験的ではありますがつくることができればと思っています。


待ちいただく時間はこちらでも想定できておりませんが、現在の集中した状況も一時的なものだと考えております。


たくさんの方に使って頂くことで、現況の改善や向上に微力でも貢献できればと思っていますが、製作ペースは小規模による限られたものですので、どうぞご理解頂いた上でご検討ください。

Camp style of some one(https://nakedlabo.naturum.ne.jp/)-「Ash Sack 予約受注に関するお知らせ」より引用

この商品の他にも魅力的なギアがいくつもあり、現在Naked Laboのファンになりつつあるもめです。ちなみに今狙っているのはCompact heater Ⅱです。冬キャンプの暖房器具の候補になっています。

実際にキャンプで使ってみた

それでは実際にキャンプで使っている様子を少々。この8月に阿蘇でキャンプをした時に初めて使いました。

ashsack
こんな感じに届いてくる
ashsack
広げた大きさはこのくらい。
ashsack
畳むと単行本サイズよりも小さくなります。
炭
今回はこんな感じの灰と炭を消火します。 見てわかる通り赤くなっているのでまだかなり熱を持っている。(今回は初回のお試しのためまだかなり熱いものを入れます。)
ashsack
火バサミで一つずつ入れていく
ashsack
入れ終わったら口を何回か折り曲げ、端の輪っかをカラビナでくくる。(空気を閉じ込める)
ashsack
入れたばかりはまだ熱いので芝生破壊防止のためランタンポールに吊るしました。
ashsack
翌朝。昨晩は熱くて持てなかったが、問題なく底を掴めるようになっている。
ashsack
中身もバッチリ消火されている。

注意点3つ

注意点として3つほどあげられます。

完全な防水加工ではない

撥水加工とはありますが、完全な防水加工ではないそうです。そのためバケツのような使い方は推奨されておらず、炭を入れて口を閉じることで消火するということが想定されています。

断熱素材ではない

先ほども写真をちらっとあげましたが、断熱するわけではないので、熱々の炭を入れたばかりのAsh Sackを素手で触ると火傷します笑

地面に直接置くと芝生ですと焼ける可能性もなくは無いと思います。

使うときは軍手や火挟などを必ず使い、できれば地面に直接置くことも避けたいですね。

熱のダメージをできる限り減らすべき

公式サイトでも耐熱クロスは消耗品です、とあります。熱によるダメージが少ないほど長期的に使えると言うことなのでさっきまで炎がボウボウに上がっていた炭などを入れるのはできれば避けた方がいいでしょう。

出来るだけ長く大切に使いたいですよね。

ただ、かなり高温のものに対応できるポテンシャルはあるそうなので万一すぐに消火しなければと言うシチュエーションでも全く問題なく使えると思います。

公式さんの使用素材のテスト動画↓

最後に

以上がNaked Laboさんから発売されている「Ash Sack」の紹介でした。いかがでしたでしょうか。なかなか良さそうでしょう?

Twitterでも今かなりの人気が出てきています。みなさん同じように注目しているようですね。

最後にまとめてみると…

  • 荷物を減らしたい徒歩キャンパー、ソロキャンパー、ツーリングキャンパーなどがもつコンパクトな火消し壺に最適
  • 携帯性、機能性、利便性に優れている
  • 焚き火を安全に終えることができる

などの特徴がありました。

僕と同じような火消し壺を使わないといけないことはわかってるんだけど荷物になるのがいやだ!もっと手軽に火消しをしたい!と言う人にはぴったりなアイテムだと思います。

ぜひ今年の冬キャンの焚き火をより一層楽しむためにも購入を検討されてはいかがでしょうか!!

それでは最後までありがとうございました。それではまた〜

 

【ブログの感想・もめへの質問募集中!!】

僕の記事をご覧いただきありがとうございます!ブログの感想や質問はTwitter(@momecamp0121)や下のコメント欄、マシュマロ(匿名)などで受け付けています!

感想や質問、ご意見などなど。もらうととても嬉しいのでバンバンください。僕の承認欲求を満たして欲しい。よろしくお願いします!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました