【バスや電車で聖地巡礼】ゆるキャン△聖地キャンプ場のアクセスまとめ【徒歩キャンプ目線】

こんにちは、もめ(@momecamp0121)です。

ゆるキャン△好きなキャンパーさんにとって、聖地巡礼キャンプはゆるキャン△の一つの大きな楽しみ方ですよね。

しかし、1つネックになってくるのが交通アクセス。ゆるキャン△の聖地キャンプ場の中には、なかなかアクセスしづらいキャンプ地も含まれています。

もめ
もめ

特に私のような徒歩キャンパーは、バスで行けるのかどうか調べるのが、結構手間だったり。

ということで、今回はバスや電車を使う徒歩キャンパー目線で、ゆるキャン△の聖地キャンプ場を、「アクセス」に焦点を当て、まとめてみました。

「そういやここバスで行けるんかな…?」「どのくらい大変なのかな…?」と思ったときの調べるための取っ掛かりとしてぜひご利用ください。

ちなみに、聖地キャンプ場の特徴をまとめた記事は、マウンテンシティメディアさんで書かせていただいたので、キャンプ場の雰囲気や特徴はぜひそちらをご覧ください。

 

【ブログの感想・もめへの質問募集中!!】

いつも私のブログをご覧いただきありがとうございます!ブログの感想や質問は、Twitter(@momecamp0121)やマシュマロ(匿名)などでお待ちしております。感想や質問、ご意見などなど。もらうととてもモチベが上がります。よろしくお願いします。

もめのTwitter

もめのマシュマロ

※高速バスや路線バス、コミュニティバスを利用することがあります。バスによって、持ち込める荷物の品目やサイズなどのルールが異なる場合がありますので、各自事前に調べてトラブルのないようご注意ください

※バスや電車の運行時間は時期によって変更される場合がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

ゆるキャン△聖地キャンプ場のアクセスまとめ(1~10巻) ※随時更新予定

ゆるキャンパーにとっては何の変哲もないトイレでも、特別な場所に見えてしまう。
それが聖地巡礼。

では、さっそく順番に聖地キャンプ場のアクセスを解説していきます。どのキャンプ場も新宿駅から出発する想定です。

そして、見出しにはそれぞれ【バスや電車で行ける!】か、【バスや電車で行けない?!】のどちらか冒頭に就けております。

「行ける!」はあまり無理せずに行けるだろうと判断したもの、「行けない?!」は基本的には難しい、でも登山などを嗜む人なら行けるかも…と判断したものになっています。こちらの記述も参考にしてください。

もめ
もめ

ちなみに、行ったことあるキャンプ場は実体験を絡めて紹介するけど、まだ未踏のところも多いので、道路状況などの詳細はまだわからないことが多いです。(この道結構ハードだったで!とかあれば教えてほしい!)

今後はこの記事をベースに聖地に訪れて、実体験を増やせるようにしていきたい所存…!!

 

 

【バスや電車で行ける!】①浩庵キャンプ場のアクセス

浩庵キャンプ場は、なでしことしまりんが出会った記念すべき場所。行きたいゆるキャンパーも多いはず。浩庵キャンプ場はバスでかなり近くまでアクセスが(平日なら比較的容易に)可能です。私は、車で観光に来たことはありますが、キャンプではまだ行けていません…

新宿からの所要時間 約3~4時間
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅(電車or高速バス)→河口湖駅→浩庵荘入口(浩庵荘前)/本栖湖レストハウス前
独断と偏見による行きやすさ(MAX5/星が多いほど気軽) ★★・・・
スクロールできます
浩庵キャンプ場のアクセス
  • 約2時間
    新宿~河口湖駅(2,000~2,500円)

    高速バスか電車

  • 約1時間
    河口湖駅~①「浩庵荘前(入口)」/②「本栖湖レストハウス前」(土日)(1,400円/1,300円)

    ①富士急行バス「下部温泉郷方面行」②富士急行バス「鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス」「本栖湖・下部・新富士線」

    平日は1日1本の「浩庵荘前」まで行くバスが使えるが、土日はレストハウス前までしか行かない。

    フリーパスを使えばお得らしい!(2日で1500円、エリア外のため追加料金有。)

  • 約5分
    「浩庵荘前」~キャンプ場(「本栖湖レストハウス前」からは徒歩0分)

    浩庵荘前の場合はもう目の前。本栖湖レストハウス前からは本栖湖を半周する必要がある。

新宿から高速バスで約2時間(電車の場合は2時間半)、河口湖駅からは富士急バスの「下部温泉郷方面行き」に乗って1時間弱、最寄りの「浩庵荘前」からは徒歩5分程度で到着する…んですが、洪庵キャンプ場に行くときには一点注意点があります。

なんと、上記の「下部温泉郷方面行き」の富士急バス、平日しか運行していません。(?!)

※平日の場合でも「下部温泉郷方面行き」は一日に一本。行き(下部温泉郷方面行き)は10時59分着、帰り(富士山駅行き,河口湖方面)は14時08分発。(出典:乗換案内NEXT)

ちなみに、土日の場合や、平日の1日1本に乗り過ごした場合は、一応別の手段があります。

それが上の表にもある「本栖湖レストハウス前(バス停)」を利用する方法。こちらのバス停は、調べた限りだと本数も複数あって、土日も運行してます。

ただし、「本栖湖レストハウス前」から浩庵キャンプ場までは、本栖湖沿いを4km歩きます。(徒歩約50分)

多くのキャンパーさんはやはり週末キャンパーなのかなと思ったので、4km歩くことを考慮して、行きやすさ度は星2つです。

以下、愚痴。

というか、このあたりのバス事情が複雑すぎて私もよくわかっていない。そもそも富士急バスの時刻表にすべてのバス停が書いていないっていう。

NAVITIMEは時間が間違ってる(?)から信用できない。一応時刻表がわかるっぽい「乗換案内NEXT」はあり得ないほど使い勝手が悪い。どうすればいいんだ~~~。

以上、愚痴。

時刻表をまとめようとも思いましたが、頭がパンクしそうになり無理でした。ごめんなさい。とりあえず、

  • 平日の場合は「浩庵荘前」が利用可能だが1日一本だから注意。
  • 土日の場合や、平日に「浩庵荘前」のバス以外の時間帯で利用したい場合は、「本栖湖レストハウス前」が使える。だがとても歩く。(4km)

ということだけでも頭に入れておくのがおすすめ。

出典:富士急行バス
編集してたらいつの間にかしまりんがいた。

【バスや電車で行ける!】②ふもとっぱらキャンプ場のアクセス

1巻に登場したふもとっぱらキャンプ場、知ったばかりの頃は徒歩でなんていけないだろうなぁ~と思っていたんですが、意外とアクセスが良いんですよね。

所要時間 約3時間半
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→河口湖駅→朝霧グリーンパークから徒歩20分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★・
スクロールできます
ふもとっぱらキャンプ場のアクセス
  • 約2時間
    「新宿」~「河口湖駅」(2,000~2,500円)

    高速バスを利用する or 電車(中央線や富士急行で)

  • 約1時間
    「河口湖駅」~「朝霧グリーンパーク」(1,490円)

    富士急行バス「新富士行き」

  • 約20分
    「朝霧グリーンパーク」~ふもとっぱらキャンプ場

    徒歩20分(ほぼ平坦)

新宿から河口湖までは浩庵のときと一緒。河口湖からはおなじみ富士急行バスの、今回は「新富士行き」に乗り、最寄りバス停の「朝霧グリーンパーク」で降ります。そこからは徒歩20分で到着。

ふもとっぱらキャンプ場へは車で一度行ったことあるのですが、この道は確かほぼ平坦だったと思います。

バスは本栖湖を通り過ぎることになるので、浩庵キャンプ場よりも遠いですが、このルートはちゃんと土日も運行しているし、行きやすさではふもとっぱらキャンプ場の方が上でしたね。ということで星4つ!

【バスや電車で行ける!】③パインウッドキャンプ場のアクセス

パインウッドキャンプ場は、作中でもなでしこ達が徒歩で行っていたので簡単に行けるのではないか、と思いますよね。

行けます。

新宿からの所要時間は一番少ないです。ただ、徒歩区間の道のりがハードなのがパインウッドキャンプ場。これは身をもって体験済みです(笑)

所要時間 約2時間
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→山梨市駅→フルーツセンターから徒歩30分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★・
スクロールできます
パインウッドキャンプ場のアクセス
  • 約1時間20分
    新宿~山梨市駅(1,500~4,000円)

    中央線特急(普通列車でも可。その場合約2時間、差額は1,500円~2,000円)

  • 約20分
    山梨市駅~フルーツセンター(バス停)(200円)
  • 約30分
    フルーツセンター~パインウッドキャンプ場

    徒歩区間。めっちゃ坂。

徒歩区間の坂が許容できれば、聖地キャンプ場の中ではかなりアクセスしやすいキャンプ場の一つだと思います。

【バスや電車で行けない?!】④高ボッチ高原のアクセス

高ボッチ高原、作中ではしまりんがビーノで訪れたキャンプ地ですが、お察しの通り徒歩でアクセスするのはかなり困難です。

一応調べてみたら、最寄りのバス停は「みどり湖」。そこから高ボッチ高原まで徒歩2時間半、9km歩きます。そして登ることになる標高は792m。これは確実に登山。

登山やロングトレイルをしている方なら…って感じですね。私のような15kgの荷物を背負っての徒歩キャンプは厳しそうです。

【バスや電車で行ける!】⑤四尾連湖水明荘キャンプ場のアクセス

意外にもバスで行けるのが四尾連湖キャンプ場。静かな湖畔のロケーションが素敵なところですね。ただ、浩庵同様、バスの利用には運行日の罠があるようです。

所要時間 約4時間
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→甲府駅→市川本町→四尾連公民館前(バス停)から徒歩30分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★・・・
スクロールできます
四尾連湖水明荘キャンプ場のアクセス
  • 約2時間半
    新宿駅~甲府駅(約2,000円)

    高速バス or 電車(中央線や京王線)。時間も値段もそこまで変わらないので、定時制のある電車がよさそうかも。

  • 約40分
    甲府駅~市川本町(330円)

    JR身延線

  • 約45分
    市川本町~四尾連公民館前(100円)

    市川三郷町コミュニティバス山保線(1日2本、運行日は月・水・金のみなので注意)

  • 約30分
    四尾連公民館前~四尾連湖水明荘キャンプ場

    徒歩区間。約1.5kmの獲得標高149m。

バスは完全に地元の方向けのようで、平日のみの運行になっていますね。

しかも月水金となると、キャンプの場合は金~月の3泊4日とか、月~水の2泊3日になってしまいますね。休みがとりづらい週末キャンパーさんは、タクシーの利用もやむを得ないかも…

大学生のうちに行っておかなければならない理由ができたな…

徒歩区間はそこまで長くはない、と思ったけどここはキャンプサイトに向かうために対岸まで歩くんでしたね…(笑)

それも加味すると結構歩くことにはなりそうです。

【バスや電車で行けない?!】⑥陣馬型山キャンプ場のアクセス

イメージ的には高ボッチに近い陣馬型山キャンプ場。こちらも気軽に徒歩は厳しそうですね…

登山目線だと、ちゃんとしたルートがあるようです。中川村の村営巡回バスの北回り線を利用し、JR飯島駅~バス停「美里」まで行けば登山口の最寄り。ここから陣馬型山の登山になります。そこまでハードな登山ではないようですが、完全に登山道なので、キャンプではなく登山だと思って行くのがいいですね。

私の場合は、登山を始めるのが先か。バイクを手に入れるのが先か…(笑)

【バスや電車で行ける!】⑦富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジのアクセス

ふもとっぱらに近い、クリスマスキャンプの舞台「富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」もかなりアクセスが良さげです。

所要時間 約3時間半
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→河口湖駅→まかいの牧場(バス停)から徒歩約10分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★・
スクロールできます
富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジのアクセス
  • 約2時間
    新宿~河口湖駅(約2,000~2,500円)

    高速バスを利用する or 電車(中央線や富士急行で)

  • 約1時間
    河口湖駅~まかいの牧場(1,700円)

    富士急行バス「新富士行き」(ふもとっぱらの最寄りの「朝霧グリーンパーク」の6つ先)

  • 約10分
    まかいの牧場~キャンプ場

    徒歩区間(約650m)

ふもとっぱらとほぼ同じルートです。これ…ふもとっぱらからのエコ・ヴィレッジのゆるキャン△聖地連泊キャンプが軽率にできるんじゃ…なんなら浩庵から行けば3連泊…やりたい…(こうやってアクセスをまとめることによって見えてくることもある。ブログのメリットだ…!)

徒歩区間も短くて、ふもとっぱらよりもより気軽に行くことができそうですね。

【バスや電車で行ける!】⑧竜洋海洋公園オートキャンプ場のアクセス

しまりんが年末年始をすごした竜洋海洋公園キャンプ場は、静岡ということで、新宿からはかなり時間がかかります。

所要時間 約5~6時間
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→浜松駅→バス停「掛塚」から徒歩40分/磐田駅or豊田町駅から無料シャトルバス「しおさい竜洋」(土日のみ)
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★・・・
スクロールできます
竜洋海洋公園キャンプ場のアクセス
  • 約4時間半
    新宿駅~浜松駅 / 新宿駅~磐田駅・豊田町駅(約4,000円~4,500円)

    JR東海道線や小田急線を使います。小田急を使った方が安い。

  • 約30~40分
    浜松駅~掛塚(バス停)(370円) / 磐田駅・豊田町駅~しおさい竜洋(土日限定無料シャトルバス)

    遠鉄バス「掛塚行き」/ 「竜洋海洋公園行き」

  • 約40分
    掛塚~キャンプ場

    徒歩区間。約3km。海がほど近いので、ほぼ平坦だと思われます。(シャトルバスの場合は徒歩区間無し)

新宿から行く場合を考えると交通費もかなりかかるし、30分以上歩くのでなかなかホイホイ行きにくいところではありますね。

ただ、土日は磐田駅か豊田町駅から無料のシャトルバスが出ていて、これに乗れれば徒歩区間は省略できます。二つの駅は浜松駅から10分程度の近所なので電車賃はそこまで変わりません。(でもここファミリー向け高規格系だし、土日めっちゃ混みそうだよね…)

【バスや電車で行ける!】⑨渚園キャンプ場のアクセス

渚園は、私がアクセスの良さで推しているキャンプ場でもあります。新宿からは少し遠いですが、最寄りのJR「弁天橋駅」からは徒歩15分という抜群のアクセスです。

所要時間 約5時間半
使用交通手段 電車・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→弁天島駅から徒歩15分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★・
スクロールできます
渚園キャンプ場のアクセス
  • 約5時間
    新宿駅~弁天島駅(4,000~5,000円)

    JRや小田急を使います。例によって小田急の方が安い

  • 約15分
    弁天島駅~キャンプ場

    徒歩区間。ずっと平坦です。

まさかの駅近のキャンプ場。街中の公園感はどうしてもありますが、JRの駅から徒歩10分のアクセスの良さは魅力的です。ロケーションも決して悪いわけでなく、広い芝生サイトで浜名湖を眺められるいいキャンプ場です。

【バスや電車で行ける!】⑩みさきキャンプ場のアクセス

あおい・千明・恵那の珍しい3人組でのキャンプの舞台が山中湖のみさきキャンプ場。かなり近くまでバスでアクセスすることができます。

所要時間 約3時間
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→富士山駅→みさきバス停から徒歩3分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★・
スクロールできます
みさきキャンプ場のアクセス
  • 約2~3時間
    新宿駅~富士山駅(約2,000円)

    高速バスか電車の利用になります。シンプルさと所要時間はバス、定時制を取るなら電車かな。

  • 約45分
    富士山駅~バス停「みさき」(310円)

    富士吉田・忍野八海・山中湖 周遊バス ふじっ湖号(右回り)

    フリーパスがあるみたいなのでそれを使えば観光や買い出しが捗りそう。(1,500円)

  • 約3分
    「みさき」~みさきキャンプ場

    バス停からキャンプ場はもう目と鼻の先。

バス停から徒歩3分って!アクセス良すぎか!

山中湖周辺は観光地やお土産屋さんがたくさんあって、バスが通っているので徒歩キャンプと観光にかなり便利そうですね。こんなに便利なとこにあったんだね…近いうちに行こうかな…

【バスや電車で行ける?!】⑪野田山兼好緑地公園 金丸山広場のアクセス(工事のため使用休止中)

そろそろ疲れてきました。お次はなでしこの初めてのソロキャンプの地、金丸山広場です。なでしこは徒歩で行ってたけどさ…きつくない?

※2020年現在、なでしこが歩いてきた富士川駅からのルート(今回紹介しているルート)は工事中で通行止めになっているみたい。どちらにしろ広場自体が工事中だからいけないけど、今のところ徒歩でのアクセスはかなり難しくなってます。(どっちの工事が先に終わるのかによる)

詳しくは公式サイトをみてね。

所要時間 約5時間
使用交通手段 電車・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→富士川駅から徒歩1時間45分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★・・・・
スクロールできます
金丸山広場のアクセス
  • 約3時間弱
    新宿駅~富士川駅(2,000~2,500円)

    JR東海道線や小田急線を使います。

  • 1時間45分
    富士川駅~キャンプ地

    GoogleMapによると標高は476m。もう登山じゃん。

あの荷物で5kmの山道を歩くなでしこ…つおい…

【バスや電車で行ける!】⑫キャンプ黄金崎のアクセス

伊豆キャン1泊目に利用していたキャンプ場はキャンプ黄金崎。バスが近くまで通っています。

所要時間 約4時間半
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→修善寺→バス停「黄金崎クリスタルパーク」から徒歩10分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★・
スクロールできます
キャンプ黄金崎のアクセス
  • 約3時間弱
    新宿駅~修善寺(約3,000円)

    JR東海道線と伊豆箱根駿豆線を利用します。

  • 約1時間15分
    修善寺~バス停「黄金崎クリスタルパーク」(1,770円)

    東海バス「松崎行き」or「快速・松崎行」(クリスタルパークの入館券とセットのきっぷがあるみたい。)

  • 約10分
    「黄金崎クリスタルパーク」~キャンプ場

    近いの嬉しい!ついでにクリスタルパークへ寄るのも楽しそうですね。

思ったよりシンプルな行程でアクセスできそうです。黄金崎と名の付くくらいの景色、見てみたいなぁ…

【バスや電車で行ける!】⑬だるま山高原キャンプ場のアクセス

伊豆キャンの2つ目のキャンプ地はだるま山高原キャンプ場。高原とつきますが、併設のレストハウスまでバスでアクセスが可能です。

所要時間 約4時間弱
使用交通手段 電車・バス・徒歩
主な使用駅・バス停 新宿駅→修善寺→バス停「だるま山高原レストハウス」から徒歩7分
独断と偏見による行きやすさ(星が多いほど気軽) ★★★★☆
スクロールできます
だるま山高原キャンプ場
  • 約3時間弱
    新宿駅~修善寺駅(約3,000円)

    黄金崎と同じルートですね。JR東海道線と伊豆箱根駿豆線です。

  • 約30分
    修善寺~バス停「だるま山高原レストハウス」(680円)

    東海バス「戸田行」

    レストハウスにはレストランやお土産屋さんがあるそうです。

  • 約7分
    「だるま山高原レストハウス」~キャンプ場

    徒歩区間。併設なので実質同じ敷地内にあるようなものですね。キャンプ場はレストハウスの休場日と同じ日がお休みみたいなので注意です。

黄金崎よりもバス区間・徒歩区間短いので、より気軽に行くことができそうです。休場日があるのは注意ですね。

だんだん本文が少なくなっていってる?疲れたからです。

【バスや電車で行けない?!】⑭入笠山牧場キャンプ場(入笠農協(JA)ハウス)のアクセス

番外編でしまりんが3輪バイクでキャンプへ行った時のところです。ここがまあまたマニアックなところのようで。

情報源はほぼ、オーナーさんのブログのみです。

一応、最寄り駅っぽいところからルートを引いてみましたが…(そもそもこのGoogleMapの座標があっているのかが不安)

タクシー一択ですかねぇこれは。でも山奥で静かなところだそうで、キャンプ地としてはなかなかよさそうなところです。ここはしまりんのおじいちゃんのおすすめですかね。

聖地巡礼、これだけはチェックしてほしい注意点

現在刊行されている巻までの聖地キャンプ場は以上となります。

最後に聖地巡礼について少しだけ。

聖地巡礼は、地域の活性化に繋がったりと良いこともありますが、一歩間違うと作品やファンのイメージを悪くしてしまう可能性も孕んでいます。

せっかくなので、これだけは注意してほしい点などもまとめてみました。

キャンプ場のアクセスを調べたついでに、ちらっと確認していってもらえると助かります。

聖地巡礼をするときに注意したいこと。
  • 「撮影だけ」や「見るだけ」は基本NG。しっかりと施設を利用しよう。見学だとしてもしっかり許可を取ろう
  • ゴミを捨てるなど、現地の景観を崩すようなことはやめよう。自然はもちろん、地元の方々の生活の迷惑にならないように。
  • 集団で騒がない。何人かで聖地巡礼をすると盛り上がってしまうこともあるけど、節度を守って周りの迷惑にならないようにしよう。(聖地が必ずしも観光地やキャンプ場とも限りません)
  • キャンプや登山のマナーやルールをしっかり守ろう。聖地巡礼をする人がマナーが悪いのだ、と思われてしまう。

それと、聖地は行けるうちに訪れる。もし訪れることができたら、お金を落としていくことも大事です。聖地がいつまでも残っているとは限りません。

あと、聖地巡礼をするときは原作も一緒に持っていくと楽しいですよ!電子書籍にすれば、荷物にもならずに、実際の景色と作品内の景色を照らし合わせることができて楽しさ倍増です。

アニメをダウンロードしても楽しい。
パインウッドキャンプ場にて。

 

 

ゆるキャン△聖地キャンプ場のアクセスまとめ。自分が一番活用しそう。

ゆるキャン△の聖地キャンプ場のアクセス。意外と徒歩でも行きやすいキャンプ場が多かったですね!びっくりしました。

行きやすさ星4以上のキャンプ場をまとめてみるとこんな感じ。徒歩区間が短いキャンプ場や公共交通機関区間がシンプルなところは星4になっている傾向です。

  • ふもとっぱらキャンプ場
  • パインウッドキャンプ場
  • 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ
  • 渚園キャンプ場
  • みさきキャンプ場
  • キャンプ黄金崎
  • だるま山高原キャンプ場

徒歩で聖地巡礼キャンプをしたいけど、どこからいこうかな~という方はぜひこのあたりから攻めてみてはいかがでしょうか。

この記事は聖地キャンプ場が新たに登場するたびに更新予定ですので、ぜひブックマークして、聖地キャンプライフに役立ててくださいな!(と言っている自分が一番役立てそう)

【聖地巡礼】漫画『ゆるキャン△』に登場したキャンプ場をすべて紹介します!【10巻まで】|マウンテンシティメディア
こんにちは、もめです! 現在のキャンプブームを引き起こした1つとも言われる『ゆるキャン△』。もちろん作品自体もとっても魅力的なのですが、作品を楽しむ以外にもう一つの楽しみ方があります。それが聖地巡礼。 『ゆるキャン△』に登場するキャンプ場や観光地は、実在するものがほとんど。だから作品を読んだ後に、実際にキャラクターたち...
【徒歩キャンプのギア】徒歩キャンパーの装備をすべて紹介!安さとコンパクトさの両立を図る
とある徒歩キャンパーの一泊装備をすべて紹介します。キャンプを始めて約一年間、コストは抑えめに、でも徒歩キャンプは少しでも快適に!を意識して装備を集めてきました。これから徒歩キャンプをしてみたいという方の参考にどうぞ!
【パインウッドキャンプ場】ゆるキャン△聖地で2泊3日のんびりソロキャンプ【第十二幕】
ついに夢のパインウッドキャンプ場でソロキャンプしてきました。青春18きっぷでのひとり旅の最後のキャンプです。ほったらかし温泉に行ったり、ほうとう食べたり、ぶどう食べたり、のんびりできたいいキャンプでした。

 

【ブログの感想・もめへの質問募集中!!】

いつも私のブログをご覧いただきありがとうございます!ブログの感想や質問は、Twitter(@momecamp0121)やマシュマロ(匿名)などでお待ちしております。感想や質問、ご意見などなど。もらうととてもモチベが上がります。よろしくお願いします。

もめのTwitter

もめのマシュマロ

タイトルとURLをコピーしました