【18きっぷ⑩8日目】ゆるキャン△聖地「渚園キャンプ場」でしまりんになる【宇治-静岡】

こんにちは、もめです!

今回はゆるキャン△コミックス5巻でリンちゃんが年始一発目の予定外キャンプをした静岡県の「渚園キャンプ場」にてキャンプです!

鳥取以来久々のキャンプですね!!そしてゆるキャン△の聖地キャンプ場は初めてです。楽しみ。

前日↓

ここから全部見れます↓

スポンサーリンク

8日目費用/スケジュール

宇治〜京都

→京都〜弁天島駅

→弁天島駅〜渚園キャンプ場

→キャンプ場〜赤鳥居、しまりんの温泉

→〜キャンプ場

交通費¥2,370
宿泊費¥430
食費¥1,780
観光費
その他¥1,200
8日目合計¥5,780

適当にキャンプ場探していたらゆるキャン△だった

この旅ではいつも宿泊先は何日か前の電車の中で考えています。乗車時間、長いですから。6日目の鳥取から京都に向かう電車の中、いつものようにどこ泊まろうかなーと考えていました。

最終日のキャンプ場は実はもう予約していて、山梨と決まっていたのでできるだけ山梨に近いところがいいなーと思いながらgooglemapで「キャンプ」とひたすらに検索をかけていました。

電車で行けそうなところを探すのって結構難しくて、なかなか見つからないのですが浜名湖の南側に線路がすぐ近くを通っているキャンプ場がありました。

それが「渚園キャンプ場」です。よくみたらめちゃめちゃ立地が良くて、JR東海道本線沿いの弁天島駅から歩いて10分ほど。しかも湖に面している?!徒歩経路も駅からまっすぐで単純です。

めっちゃええやん!!とほぼ即決。さらに詳しく調べてみると料金も安いみたい。そしてキャンプ場レポでも見るかと検索にかけて眺めてみると、なにやら「ゆるキャン△」という文字が。

んん???ゆるキャン△の聖地だったりするの??と。こんな浜名湖の近くで誰かキャンプしてたっけ、と思い調べてみると5巻になにやら出ているらしい。それがわかってもいまいちピンときていません。

5巻っていつくらいだっけ…?と。

じゃあと思い買っちゃいました。5巻を(え)

今の時代は便利ですよねーーーネット環境さえあれば電車の中でさえ本を買えてしまいます。ってことでiPadでhonto!ストアからゆるキャン△5巻を購入。

買っちった。

正確にはこの旅で乗ったpeachの飛行機を予約した時に特典として付いてきた一冊何か無料特典を使いました。ありがてぇ…あんなに道中食事でケチっているのに漫画なんていきなりホイホイ買えませんからね()

ってことで早速読んでみると!出てきました!しまりんが年末年始キャンプでイレギュラーキャンプしたとこだ!!!こんなに安いキャンプ場は初めてだ、と感動していたところだ!

やはり(?)僕はゆるキャンパーの才能があるようです。自然とゆるキャン△の聖地キャンプ場に引き寄せられていました。安い!アクセス良し!ゆるキャン△!と最高な条件が揃ってしまったのでこれはもう行くしかない、と決めたもめでした。ちゃんちゃん。

弁天島はノスタルジーを感じる

ってな感じのプロローグを経て、浜名湖へ向かう日に戻って参りました。京都(宇治)からキャンプ場のある弁天島駅へは4時間ちょっと。短いもんです。…感覚が麻痺してきますね。

お昼ご飯はカツ弁当。うまし。

結構細かい乗り換えをくぐり抜け、無事弁天島駅へと到着。弁天島駅の第一印象は。

oh….ノスタルジー…………

なんというか、いい意味で一昔前の観光地感がありました。薄ピンクと水色と緑色のホテル?とか、駅の感じとか、海沿いの南国感ある木とか。

これはまじで行ってみたらわかると思うんですけど「oh…..ノスタルジー…..」って感じですよ。まあ平日で人がいないっていうのもあるのかもしれませんが。

なんか熱海に近い系統の観光地感!!誰かわかってほしい。

そんなノスタルジックな弁天島の風景を眺めながらキャンプ場へ設営しに行き、とりあえず散歩してみることに。キャンプ場は次の見出しでまとめて書きますね。

散歩の目的はというと、もちろん聖地巡礼。しまりんが漫画の中で巡ったスポットが徒歩圏内にもありました。

まず一つ目が赤鳥居。湖にポツンと浮かぶ真っ赤な鳥居が幻想的です。作中の季節(冬)にはこの鳥居に夕日が沈んでいく、と書かれています。なんか素敵な場所でした。

隣ではファミリーが砂浜じゃないのに海にちょっと入りながらきゃっきゃと遊んでいました。僕も思ったよ。ここ砂浜じゃないんかーい。なんというかこのファミリーにもノスタルj以下略。

二つ目がこちら。なんと!!!!しまりんが入ったお風呂!!!!

頑張って同じ構図で撮ろうとした。全く一緒やんね。外観。

おい。まじか。入るしかねぇだろ。って感じですが、僕はお金がないので入れませんでした。明日の温泉まで我慢します。くっっっっ……しまりんと同じお風呂入りたかった…(キモいし同じお風呂には入れません。)

まじで漫画と同じデザインの建物でびっくり。最初はめっちゃでっかい中華料理屋かと…ノスタルj以下略。

作中のここでのしまりんの一日の過ごし方まじすこです。

渚園キャンプ場

ある程度弁天島駅を観光してコンビニでご飯を調達したらキャンプ場へ戻ります。ちなみに弁天島駅にはスーパーっぽいスーパーはありません。

さあ渚園キャンプ場、作中でも言っていたとおりとてもお安い。フリーサイト大人一泊410円。漫画より10円安い…!笑

キャンプ施設|浜松市渚園
浜名湖に浮かぶような一つの島。オートキャ...

そしてこのお値段でかなり綺麗な施設まで使えます。ありえんほど綺麗なトイレ(多分最近改装した)、綺麗な水場、炭捨て場、シャワーやコインロッカーまであります。コインロッカースペースには軽いくつろぎスペースのようなものもあり、かなり快適そうです。あとセブンティーンアイスもある。

管理事務所、売店。セブンティーンアイスもここにある。
綺麗すぎる…!

この値段でこの綺麗な施設を自由に使えるはさすが市が管理するキャンプ場って感じですね。

キャンプサイトは広い芝生サイトでフリーサイトの他にオートサイトもあります。この日は雨上がりだったためかなりの範囲でぐちょぐちょだったのが残念でしたが…

出来るだけぬかるんでいないところを選んで設営完了です!いい感じ!

ノスタルジックな加工にしてみた。

雨止んだと思って外でたら雨降りだして中戻ったら雨止んで外でたら雨降るってあるある???

今日の夜ご飯を作ります。お空はそれはもう曇天の曇天でしたが雨はギリギリ降っていなかったので外で作ることに。今日のメニューは炊いたお米とハンバーグ。なんとも豪華です。笑 最近のコンビニはキャンパーに優しくて(多分違う)、二合の無洗米とか置いてるんですよね。助かります。

まずはお米を水に浸します。待っている間に京都で暇つぶし用に買った本でも読むことにしましょう。

この日から最終日まで電源を確保できないと気づき京都で慌てて買った本

…雨降ってきました。パラパラと。本が濡れるのも嫌なので中に移動します。

まあお察しかと思いますが、止みますよね。雨。

お察しかとは思いますが、キャンパーは出たがりなんです。外に。出ますよね。

…はい。降ってきました。いやコントか!

これって結構僕の中ではあるあるなんですけどどうですか?僕がすぐ出たがるのがいけない????タープ欲しいなぁって思いましたまる。

気を取り直してご飯。なんだかんだしているうちにお米は炊けました。いい感じ。

そしてハンバーグをスキレットでジューーー。うまそうです。でもめっちゃ油飛び散ります。風防は必要だなーーーってなんども思っているんですけどいつも次のキャンプの時には忘れてる。

美味しくいただきました。簡単で安い。最高だね。

最後は締めにセブンティーンアイス。キャンプ場でアイス売ってるのはいいチョイス!

最後に

この日はゆるキャン△一色でした。前日はユーフォニアム一色、急にアニメオタクっぽくなってきましたがこれが通常運転です。

そしてここから旅の終わりまでは2日半、ゆるキャン△一色です笑

そもそもこの静岡から僕の地元神奈川はお隣に位置します。帰ろうと思えば次の日に帰れます。それをわざわざ北に向かい山梨でキャンプ。これはもうゆるキャン△しかないでしょう。

もう間も無く旅のクライマックスに突入です。お楽しみに。

予約取れてよかったーーーーーーー!

【本日の行程】

  • [移動]宇治〜弁天島
  • [食事]朝→八つ橋/昼→カツめし丼/夜→ハンバーグ&米
  • [宿]渚園キャンプ場
  • [出費]¥5,780

次の日↓

〜執筆中〜

ここから他の18きっぷ旅の記事をみれます。まだの人はぜひみてね↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました