【河川敷ソロキャンプ】初めてのチャリキャンツーはハードモードだった(主に積載が)【第十三幕】

こんにちは、もめです。

久しぶりのソロキャンプ行っていきました!青春18きっぷ旅のキャンプぶりですね。

今回のキャンプのテーマは3つ!

  • 低予算
  • クロスバイクキャンプツーリング
  • 食事はホットサンド縛り

いろいろな理由(基本金欠による)からこの3つのテーマに沿って、河川敷でソロキャンプしてきました。初めての自転車泊キャンプの積載方法や、甘いものから肉まんまでいろんなものをサンドする様子を記事にしました。ぜひ参考にしてください!

もめ
もめ

ブログの感想や質問お待ちしております!→https://linktr.ee/momesolo(匿名の場合はマシュマロからどうぞ。)

お金がない!でもキャンプがしたい!→自分の足で行こう。

10月。この時期に多くの大学生が悩むこととなる問題があります。それは、、、、、

お金がない!!

引用:写真AC

大学生は大体いつもお金がないー!って言ってますがこの時期は本当にやばいです。なぜやばいのかと言うと、収入が扶養から外れる103万円を超えそうになってしまうからです。

かくかくしかじかで親に扶養してもらってる学生は103万しか稼げません。それなのに一年の後半、その103万に迫る勢いでもうすでに稼いでしまった場合にこの金欠は起こります。辛い。

しかし、困ったことにお金がなくてもキャンプに行きたい欲は変わりません。まったくもー。

この時は最後のキャンプが18きっぷ旅のパインウッドキャンプ場で、かなり間が空いていたのもあり(1ヶ月半笑)もう我慢の限界でした。

と!いうことで、電車賃すらケチってなんと初めての泊まりでのチャリキャンをする次第となりました。

デイキャンではチャリで行ったことがあったのですが泊まりでは初めてです。シュラフなどの荷物を持てるのかなど積載面での不安があったのでまだ手を出してなかったんですよね。

その時のデイキャンの様子はこちら↓今回も同じ場所です。

過積載(主に自分に)

それでは気になる今回の積載を見ていきましょう。結果からいうと下の写真のようになりました。

リュックの重量は多分10kg弱。

……背中大丈夫か。

写真で見ると明らかに背中、肩、腰への負担が半端なさそう。いや、実際重いです。

バイクパッキング用のバックはまだシートバックと小さいトップチューブバックしか持っていないのでこうなりました。

¥6,775(2019/12/18時点/Amazon)
¥3,564(2019/12/18時点/Amazon)

この二つのバックを使うことによって自転車の車体に荷物を積むことができるようになるので、背中の負担が減る、ということになっています。そんなふうにスポーツバイクに荷物をパッキングすることをバイクパッキングというのですが詳しいことはまた別の機会に。

今回のキャンプでの中身は次のような感じです。

出来るだけ荷物を削った。

リュック

  • パンダクラシックインナーシート
  • シュラフ
  • 小物セット
  • 旅セット
  • カップ
  • ランタン類
  • ペグ
  • ペグハンマー
  • クーラーバック

シートバック

  • パンダクラシックフライシート
  • OD缶
  • クッカー
  • バーナー
  • グランドシート
  • パンク修理キット
  • 輪行セット
  • フォームマット(シートバックの上)

トップチューブバック

  • スマホ
  • 充電器・充電コード
  • 財布
  • ミンティア

ちなみにチェアは下の写真のようにブレーキレバーに引っ掛けました。意外と操作に影響はありませんでした。

カラビナをつけることによって落ちないようになってる。天才かよ。

行きの行程

過積載ですが準備ができたので出発します。今回のルートです。

個人情報保護のために黒塗り箇所があります。なんで家付近から計測してしまったんだ…

相模川を北上して中津川沿いのとある河川敷を目指します。

ほぼ平坦なので、普通に走る分にはそこまでハードな道のりではないものの、今回は荷物が重いのでかなり疲れました。いやー頑張った。

以前と同じ場所で休憩してなんか嬉しくなる

途中の休憩ポイントは海老名運動公園。実はここ以前のデイキャン の時も休憩ポイントとして利用した公園で、その時からのキャンプギアの充実とかを考えてなんとなく感慨深くなったり。

この手軽さ最高。

芝生に自転車を停めて、椅子だけ出してしばらくのんびりしてました。この手軽さ、旅してる感あってすごい好きなんです。

自分は今どこでも生きていけるぜ…!はちょっと大袈裟だけどそういう感じでちょっと嬉しい。

ということで、公園で遊ぶファミリーを眺める20歳ぼっちでした。

平和だな〜
…でもなんか雲行き怪しくない?

雨がやばい

そんなふうに優雅に眺めていたんですけどね…その楽園が一瞬にして地獄絵図に…

そう。急にザーザー大雨が降ってきたのです。

優雅な休日を送って楽しそうだったファミリー達は、逃げ惑う子供達、急に撤収を強いられるお父さん、となかなか悲しくなってくる絵に変わっていくのでした…

まあ僕はそれをのんびりと眺めて…

いるわけにもいかず、僕も漏れなく大変な状況なことには変わりありませんでした。まず木の下じゃ雨を凌げない!!

雨の中走るわけにも行きませんから、とりあえず屋根になってる駐車場に避難…。くっ…優雅な休憩時間が…

屋根があって助かった

この公園で休憩してなかったら走ってる途中にこの大雨に見舞われていたのでむしろ良かったのは確かにそうなんですけどね。

ってことで雨宿りで1時間くらい取られてしまいました。つら…一時的なものでまだ助かりました。

雨宿り中はすぐ隣に車を停めてたファミリーに、この大きな荷物から遠くから旅人かと勘違いされてしまうという悲劇も起こりました。

「すごい荷物ですね〜日本一周とかですか!(キラキラ」

「あ、すぐそこの湘南の方から走ってきたんですぅ…」

「あ、そうなんすねw意外と近かったww」

やっぱり鹿番長のフォームマットくくりつけてると旅人に見えますよね…めっちゃ地元ですみません…

到着!

雨のせいで足止めを食らったりもしましたが、無事に今日のキャンプ地に到着しました。最後の方はほんとヒーヒー言ってました。マジキツカッタ。

意外と混雑している…!

時間もあまりないのでぱっぱと設営。以前来たときに石があってペグが刺さりにくいことはわかっていたのでわりかしスムーズにいきました。前よりは経験値上がってますね…!

よきよき。

自転車で泊装備を背負えてきたことに感動しつつ次は買い出しに行きます。

買い物には自転車で5分ほどのところに大きいスーパーがあるのもこのキャンプ地の良いところ。…なんですが。。。。。

スーパーに行くにはこの坂を登らねばなりません。

すごーい(棒)

斜度おかしくない??斜度。下から見るとよりえぐい坂に見えますよね。道路が剥き出しになっているのも良い効果生み出してます。

もちろん押して歩きましたとも。ええ。スーパーは結構大きくて100均も一緒についているのでキャンパーにとってはかなりありがたい立地です。坂以外は。

スーパーとダイソーが一緒になってる最強施設。

全食事ホットサンド縛り。

今回のキャンプのテーマは「ホットサンド縛り」です。理由は2つあります。

  • ホットサンドメーカーたまには使ってあげないとかわいそうになってきたから
  • 安く済みそう。

一つ目は、あんまり活躍していなかったホットサンドメーカーさんに活躍の場をあげようという思いからです。Twitterでも結構なキャンパーが「ホットサンドメーカーって買ったは良いけどあんま使わんよな…」と呟いていたりします。

最近はホットサンドクッキングが流行ってきてはいるのでまた変わると思いますが今までは、地味にでかいし、一枚づつしか作れないし、とかの理由であんまり使われていなかったんじゃないかなと予想。

僕も例外ではなく、徒歩キャンプだと特にあの長いシルエットは邪魔になるので、だいたいいつも持っていく候補から外れていました。そのため今回はわざわざ意気込んでホットサンドで縛ることにしたわけです。

2つ目の理由としてはなんか安く済みそうだから。基本の炭水化物は8枚切りの食パンで良いし、1パックで4回分のホットサンドにできる。これに挟むものをちょっと考えれば良いのでかなり安く済むのです。今回のキャンプのテーマには「低予算」もあるので食材費はケチっていきます。

1日目昼(おやつ):あずきサンド

一発目は市販のパックぜんざいを挟んで、お昼ご飯兼おやつとして食します。もう夕方になりかけてておやつなのかすら怪しいですが気にしない。

ホットサンドメーカーにバターを塗って、パンを置いてぜんざいを投入。あとは挟んで焼き目をつけるだけです。コツは弱火でじっくり様子を見ながら。

バター塗って
ぜんざい載せて(ちょっと溢れてるけど)
プレス!
完成!よき!

ぜんざいの甘さとバターの風味がマッチしてておいしかったです。使わないと言いながらもやっぱり好きです。この調理器具。手順の簡単さとおいしさが比例してない。

1日目夜:肉まんサンド/揚げ物サンド

暗くなるまで本を読んで、6時ごろから夜ご飯。夜はゆるキャン△でしまりんがやっていたことで有名な肉まんを挟みました。これまたお手軽でうまい。ちなみに僕はセブンイレブンの肉まんが一番好きです。まんの部分がうめぇんだ。

夜はお酒も飲んじゃいます。飲みやすくて良い感じに酔える99.99(フォーナイン)。9%とは思えないほどの飲みやすさなので危険です。

ちょっと落ち着いたら2セット目。コロッケとヒレカツを挟みます。これはもうまずくなる要素がないくらい普通な感じ笑 揚げ物うまーーーー

お惣菜ぶっ込んだだけ
もちのろんで美味しい。

次はもっと凝ったアイデア料理したいですね…笑

1日目デザート:チョコバナナサンド

1日目のデザートにはバナナとチョコを挟みました。チョコバナナです。

絶対うまいでしょ。

なんかバナナにチョコ突っ込んで焼くスイーツ作りますよね。それをTwitterのタイムラインで見たらやりたくなりました。ミーハーです。

ちょっと焦げたけど、トロトロ〜〜〜

バナナとチョコレートが良い具合に溶け合ってうまーーでした。冬にあったまりながらコーヒーと共に食べたくなる味です。なぜか今回はドリンクにココアを選択したので甘い&甘いで口の中が爆発しましたが。僕がバカでした。ほんとミスった。

2日目朝:ハムエッグサンド

朝ごはんももちろんホットサンドです。これで昨日から4セット目。朝は朝らしくハムと卵でいただきます。

僕が持っている「バウルー ダブル」の良いところは目玉焼きを綺麗に焼けるところ。こう、2つあるくぼみにそれぞれ卵を落として焼けば簡単に目玉焼きが…

あああああああああああああ

綺麗に滑り落ちた。

…あんまり勢いよく落とすと綺麗に滑り落ちていくので気をつけましょう。安定したところで先に卵を落としてから、蓋を閉じてバーナーに載せることをおすすめします。

一つは無事だったのでしょうがないので横に置いて予定通り挟みます。ホットサンドは綺麗に焼けたのでよかったです。コーンスープと共にええ朝ごはんじゃった。

今日のキャンプ本:魔女旅はいいぞ。

ソロキャンプにいく前に今回のキャンプは何で暇をつぶそーかなーと考えるのですが、この日の娯楽に選んだのは本です。せっかくなので読んだものを軽く紹介します。

白石定規先生の『魔女の旅々 10』です。大判のライトノベルです。

魔女の旅々はいいぞ。

一人の若い魔女さんが旅をしながらいろんな国を渡り歩き、たくさんの人と出会い別れ、時たまゆる百合していく物語です。物語の進み方的には『キノの旅』と同じ感じです。

短編集で読みやすい文章なので旅先やキャンプでも気軽に読めるのでおすすめです。ぜひ読んでみてください。#魔女の旅々は良いぞ

クロスバイクツーリング、結構いけるんじゃないかと思えてきた帰り道。

エモい感じの写真を取ろうとしてる。

そんなこんなでいつのまにか帰りの時間です。今回は薪を買ってるお金も積載もなかったので焚き火は無しでした。だからあっという間。

のんびりとお昼頃に出発できるように少しずつ撤収します。

ほぼほぼ曇り空でしたが最後の最後は青空が顔を見せてくれました。最後に気持ちいい天気の中走ることができそうでよかったです。

気持ちいいーーーーーーー

帰り道も行きとほぼ同じルートで、相模川沿いの大きい通りを中心に南下する形で海の方へ帰ります。基本下り気味だからなかなか快適な道のりです。

帰りながら無事にキャンプを楽しめたなぁとか考えていると、意外にも自転車でのキャンプが現実的だと気づきました。

まだ多少積載に無理はあるけれど(主に背中に)、逆にいえば無理すれば行けるレベル。フレームバックやハンドルバーバックを増やしたり、軽量ギアを少し新調すればかなり現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

キャンプの手段が増えるのはワクワクしますね。来年にはバイクに乗りたいし、それまでにはチャリキャンできるようになりたいです。

今後が楽しみです!!!

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回のキャンプのテーマは、

  • 低予算
  • クロスバイクツーリングキャンプ
  • ホットサンド縛り

の3つでした。どれもいい感じに達成できたのではと思います。ちなみに気になる費用ですが…

  • 食費/補給費(サイクリング時)- 1,500円

以上です!!!笑 低予算極まってます!!!キャンプはやろうと思えば、最初の初期費用だけで楽しめるのでいい趣味ですよね〜

…まあほぼ確実にキャンプギアの沼をはじめ、カメラ・バイク・車・釣り・登山・山などなどたくさんの沼が待ち受けているので、初期費用だけで楽しめるのを期待しながら始めるのはやめた方がいいですね笑

積載についてははかなり無理があったように思えたけれど、こうして無事に戻ってきているし、成功ということにしておきましょう笑

次チャリキャンをする時はもっとレベルアップした装備で臨みたいです。

ホットサンドメーカーくんも久しぶりに活躍できたので、きっと喜んでいることでしょう。最近はTwitterでホットサンド料理が流行っていたりもしたのでこちらもいろいろと挑戦したいですね。

それでは今日はこの辺で。お次は友達と行った赤城山キャンプを軽くレポしていこうと思います。お楽しみに!!

もめ
もめ

ブログの感想や質問お待ちしております!→https://linktr.ee/momesolo(匿名の場合はマシュマロからどうぞ。)

第13回!イチオシギアのコーナー:SOL エマージェンシーブランケット

今回大活躍だったギアはこちら!solのエマージェンシーブランケットです!

これに包まることで自分の体温を逃さずに、体を温めることができます。かなり小さく折りたためて、山などでの防寒にも使うものなので、冬キャンプでの緊急の防寒にもバッチリです。

これ一つあればキャンプ、登山、車中泊や長旅などでいつでも簡単に寒さ対策ができます。

今回のキャンプは10月上旬ということで寒いといってもウルトラライトダウンがあれば全然大丈夫だろうと思っていました。でもまあ一応…!ということでこのエマージェンシーシートを購入していました。

実際買っておいてよかったです。やはり結構冷えるものなんですね。普通に夜は寒かった。あったまる食事がほとんどなかったというのもありますが。これに包まるだけで体感してわかるほど熱がキープされました。小さいし今後のアウトドアには必須だなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました